無灯火で走るのは危険

「無灯火で走るのは危険」は、そうだと思いますが、消灯までしないでスモールランプで待たれて出発時にヘットライトを点けられれば無用なトラブルを避けられると思います。眩しいヘッドライトのせいで、対向車の運転手が「眩惑」して事故を起こしてしまう可能性があるので、周りに「気配り」されてはいかがでしょう?ちなみに、私は自動車教習所で「信号や踏切で停車した際は、スモールランプに切り替える気遣いを。」と習いました。

 

私の両親も含めて周りの車を運転する人は皆さんスモールランプに切り替えている方ばかりですね。両親には私が幼い頃に停車する度にライトをスモールランプに切り替えていたので質問して「周りへの気遣いだよ。」と理由を聞きました。日頃運転をしていても、最前列で停車している車でヘッドライトを点灯したままの車の方が少ないです。

 

日頃から私が強い光に弱くヘッドライトが点いていると「眩しくてイヤだな。」と感じるのですが、その頻度はたまにしか感じないので本当に少ないんだと思います。地域性もあるのかな?怒鳴ってくる相手の態度もいただけませんが、停車時に相手からの合図もあって、ご自身でもヘットライトでも眩しい時が過去にあったのにスモールランプにしてあげるなどの気遣いをされないもいかがかと。。。